読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ベルギー国立管弦楽団団員、石本 弾 コントラバス・リサイタル 2017年1月13日(金) „低音の輝き“ 第2弾の紹介 ~

お陰様で

『「ショコラ・ヴィルトオーゾ・ジャパン」(CVJ)新年シリーズ


ベルギー国立管弦楽団団員 石本弾「コ ン ト ラ バ ス ・ リ サ イ タ ル」„低音の輝き“ 第2弾 2017年1月13日(金) 19時開演

場所: かつしかシンフォニーヒルズ』


は無事に終え、小生と妻は羽田からロンドンへ飛び、ロンドンからはベルリン、ブリュッセルと各々の住まいへ帰りました❣❣❣


それでは、この度のリサイタルの総評に参りたいと思います。


先ず反省しなくてはならない事が、リサイタルを行う4日前にインフルエンザの遠い親戚なのか風邪を引き、リサイタル当日までウダウダ体調が万全では無く、ベストな状態でリサイタルに望めなかった事です。


自分だけの演奏会であれば、自分だけに責任があり、どう成ろうとも失敗は全て自分に帰ってくるので済みますが、共演者がゲストのお二人とオーケストラ伴奏をして戴いた15名も居た訳で、皆さんに風邪を移してしまってたなら大変な迷惑を掛けてしまうリスクを持った訳なので、心配かけさせてしまい、

御免なさい❣❣❣ 御免なさい❣❣❣

以外の言葉は発せません。


誰も移らなかったよね❣❓


今回は当然ですが、100%以上の力を出せなかった訳ですから、多くの方々に感動や喜び=

コントラバスの輝き』を十二分に伝える事にも支障を来し、隠れたい穴が幾つもありました。


さて、今から自分の演奏にメスを入れます。

この当日も本調子に戻れていなかった為に

どの様に夜の本番に全エネルギーを結集させたら良いか迷い、朝から演奏会場へ出発するまで全くサライませんでした。

これで良いのか駄目なのかは結果が答えを持っていました。

日頃は夜に演奏会を行うならば、十分にウォーミングアップをして、曲も全て弾いて準備するのですが、こんな事は始めてでした。


勿論演奏会場では少しさらいましたが、十分ではありませんでした。しかし、風邪を引く前は十分ヨーロッパで準備して来たつもりなので、本番でのエネルギー分配に願いを任せていました。


前半 <無伴奏、ピアノ伴奏付及びソプラノ歌手と> 


☆タバコフはLargoで楽しんで演奏する表示が幸先にありますが、楽しむというより重音での序奏に極度な緊張感が入り硬さがあった為に良い重音の響きで聴衆を魅了する事が出来ませんでした。


その他多くのテンポチェンジや音質の違いも十二分に発揮出来ず、いつかやり直したい所存です❕❕❕


従いまして、点を付けるならば100点満点中55点位だと自覚しております。


次は、本来ボッテジーニの„エレギー“を演奏する事に成ってましたが、その気分に成らず急遽フランスの作曲家

☆グワングエンヌのアダージョを弾かせて頂き、タバコフの緊張漲った状況から一変して癒やし系の作品により皆さんが和らぎの世界に入り込めたのではないか❣❓と思います。

よって採点は98点❣


そして3曲目はゲスト ソプラノ 紀伊国屋美智子さんを迎え、

☆プレヴィンのヴォカリーズですが、本来チェロが担当する編成なのに、コントラバスが入った方が魅力的な作品に成る❣と自ら思い込んておりましたが、聞かれた方はどうでしたでしょうか❓

僕自身では、スタートのコントラバスの独奏が更に緊張感が増していれば、良かったな❣❣

と思う次第、採点は80点となります。


次の

ロッシーニ„猫の二重唱“  は如何にコントラバスが猫にふんする事が出来るか音色に多少グリッサンドを付け、ミャオミャオの発音に近付けた気がします。


しかし、小生の音程や技術的なミスが何箇所か起こり、採点は40点⚠


やっとここで

☆ボッテジーニの„エレギー“が参上しますが、これは小生の18番の一つ、そつなく最後までお客様を魅了したのでは無いか❣❓

と思いきや、始まって間もなくですが、集中力がふと抜け、ミスタッチ、採点はそれにも関わらず93点❣

と、自我を少しだけ甘やかします。


続けて、

グリエールの『2つの小品から』、

インテルメッツォですが、これも十八番でして、採点は96点❣


続くはタランテラですが、若い時の方が勢があり、早く軽快なスピード感で最後まで息を切らさずに盛り上がれるのに、元来当日は親父だとしても一気に弾き切りたかったのですが、

上手くいきませんでした。


採点は56点


さて、後半 は <オーケストラ伴奏と>    

というスタイルで望みましたが、 スタート

☆ ディッタースドルフ „コントラバス協奏曲 第2番 “  

はさすがに小生のサマーコースの中心課題と名打ってますが、まずまずの演奏が出来た筈だと確信していますし、この演奏なら何処のオーケストラのオーディションでも1次は通るだろう❣❣❣

と思いますので、96点を上げたいです❣❣


この後10分間の小休憩を取らせて戴けたお陰で何とかエネルギーをボッテジーニに蓄えられました。


☆ボッテジーニ „コントラバス二重協奏曲 『 パッショーネ・アマローザ“ 』


これはこの日の大目玉❣として市川雅典氏(N響首席代行)とのオケをバックとした二重奏曲

であります故、通常多くのコントラバス奏者達がピアノ伴奏で演奏している以上に体力も重要視されます。

指揮は妻の 石本―印南由香利、小生の癖も良さもお見透し❕❕❕

(まぁ手前のディッタースドルフも同様ですが)


上手にオーケストラのバランスを本番までに仕上げて下さり感謝❣深謝❣でも済まない❣

もう一度プロポーズするべき🉑❣❓

話が支離滅裂、先を急ぎますが、無事に終わりました。

市川氏はさすがにゲリー•カーの弟子❣

ソリスティックな発音で小生の音が埋もれてしまった事もありましたが、ゲストを立てる事も出来、これで良かったべし❣❣❣


日頃この曲をスポーツの様に突っ走って演奏する奏者達が目立ちますが、僕はボッテジーニのこの曲に託した曲想はオペラの舞台を想像せずして表現出来ないモノと察し、男女の恋心、酔っ払って喜び歌い合う人々の様子とかも表現したかったのですが、市川氏は見事に僕の要望にも答えて下さり楽しんで演奏出来ましたし、お客様方にも喜んで頂けました❣❣❣

採点96

(不足の4点は僕がハイトーンのハーモニクスを完璧に響かせられなかったモノ)


それからアンコールは映画のミッションでもお馴染みになりました

☆ガブリエルのオーボエ

を始めてオーケストラ伴奏でコントラバス二重奏として奏でられました。

99点でーす❣❣❣


またの機会では皆様全てが来て戴けますよう望んでます❣❣❣❣❣❣


今回凄かった事は名古屋、大阪から何名も来て下さいましたが、南は九州、北は北海道からも飛行機で来て下さったお客様がいた事も嬉しい限りです。

風邪をこじらさず最後まで演奏出来て良かったです❣❣❣


応援して下さりました全ての方々に感謝申し上げます❣❣❣


その内ユーチューブでお披露目出来るかも知れませんが、その時はお知らせ致します❣❣❣

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♧♡♧♧♧♧♧♧♧♧♧


~ベルギー国立管弦楽団団員、石本 弾 コントラバス・リサイタル 2017年1月13日(金)
„低音の輝き“ 第2弾の紹介 ~
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
場所:かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール 開演:19時

f:id:chocolat-vj:20161015043755j:plain

皆様

2017年1月13日に葛飾(かつしか)シンフォニーヒルズでコントラバス・リサイタルを開催致します。

今回は贅沢ですが、ソプラニスト"紀伊国屋美智子"さんと前半に巨匠プレビンのレクイエムと2匹の猫がミャオミャオ歌い合うロッシーニの楽しい曲を、後半はコントラバシストの登竜門であるDittersdorfのコントラバス協奏曲とボッテジーニの二台のコントラバスの為の二重協奏曲"パッショーネ アマローザ"を桐朋学園大学の後輩及びN響中堅ホープの市川雅典氏に相棒役として演奏して頂きます。

今回のアンサンブル・ショコラ・ヴィルトオーゾ・ジャパン(CVJ)メンバーにはコンミスに冨沢由美、第2ヴァイオリンに高橋渚、ヴィオラ長谷川弥生、チェロにN響団員西山健一と

前回も参加して頂きました慶應ワグネルOB/OG管弦楽団の有志の方々、その他優秀なアマテュア音楽家、そして我々が2003年より市川で結成したアンサンブル団体 “ショコラ・ヴィルトーゾ・ジャパン” 夏の器楽クリニックに初期から参加しておりました小さな受講生達が成長し、何名も音大に進み現在在学中若しくは卒業した者等おりますが今回のリサイタルにも参加致しますが、前回よりも今回は何名も共演できる事に成り非常に嬉しいお披露目が出来そうです❣

私共が長年指導して参りました子供達と再会して一緒に合奏出来るという事は本当に素晴らしい事だと感じております。

伴奏して下さるオーケストラのメンバーが全て揃いましたので以下に紹介させて頂きます。

肩書はCVJクリニック出身者のみ書かせて頂きましたが、慶応(ワグネルOB/OG)の方々には毎回大変お世話になっております。

また新たに参加して下さいますアマチュア音楽家の方々にも厚くお礼申し上げます!!!

1Vn【コンミス】冨沢由美

菊地武文君(CVJクリニック出身者)

鎌田真帆(CVJクリニック出身者)

青山千裕、 片岡 美穂

2Vn

首席:高橋 渚

鎌田真未(CVJクリニック出身者)

関恵理子、 小林真理

Va

首席:長谷川弥生

世川すみれ(CVJクリニック出身者)

吉田恭治

Vc

首席:西山健一、 倉澤倫子

Kb

首席:倉持清

 

是非、知人の方々もお誘いの上いらして下さい。

チケットは当日は全席均一4,000円になりますので前売りのご購入を推薦致します。

以下のサイトでもフライヤーの詳細が分かります。

http://chocolat-vj.hatenablog.com/entry/2016/11/03/040801

チケットをご希望の場合はCVJ事務所へ申し込んで戴けますと手数料が掛かりませんので、 気兼ねなくお申し込み下さい。

宜しくお願いします

石本 弾

 

お問い合わせ;

ショコラ・ヴィルトオーゾ・ジャパン事務局

〒272-0827 千葉県市川市国府台1-1-7

Fax:(047) 373-2685 電話:(090) 4434 0188 e-mail: chocolat.vj@gmail.com

かつしかシンフォニーヒルズ・チケットセンター ↓

https://rsv.k-mil.gr.jp/ticket/jigyo.do?jigyoBango=H121&unitCode=661



f:id:chocolat-vj:20161015043814j:plain

お問い合わせ;
ショコラ・ヴィルトオーゾ・ジャパン事務局
〒272-0827
千葉県市川市国府台1-1-7
Fax:(047) 373-2685
電話:(090) 4434 0188
e-mail: chocolat.vj@gmail.com

 

かつしかシンフォニーヒルズ・チケットセンター 

https://rsv.k-mil.gr.jp/ticket/jigyo.do?jigyoBango=H121&unitCode=661